長月

日々、猫二匹に癒されながら糖尿病と闘う?四十路女

今更

糖尿病、放置すると合併症を起こす。

網膜症、最悪失明。

神経症、最悪壊死し切断。

腎症、最悪透析。

それを半年前に告げられ、ショックを受けていた。

栄養管理士さんから食事の仕方、食べても大丈夫な量と食べ方。

そして、四種類の薬とインスリン。

当時は本当に僻んでばかりでした。

同じ様な生活リズムで食事も一緒なのに妹はならない。

かなり荒んで落ち込んでました。

教育入院時の数値は、血糖値320、A1c12.2。

しかも、腎臓はかなり疲弊してました。

最初は上手く下がらず、イライラしてました。

何時からか猫共がそれを感じてか近付いて来なくなり、やっと気付きました。

荒んだ気持ちのままだと何をやっても上手くいかない事に。

気持ちを切り替え、自分のペースでやって行こうと。

項を称してか血糖値130、A1c6.3まで下がりました。

猫共もよって来てくれました。

気付かさせてくれた猫共に感謝です。

多分、居なかったら悪化していたか、鬱になっていたかも。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。